活動内容

長期入院児童・発達障害児童への支援

病院の中で暮らす児童・生徒や、発達障害を抱える子どもやその保護者にとって気がかりなのが、「学習の遅れへの不安」です。ゆめネットでは、学習指導経験豊富なボランティアスタッフによる学習サポートを行い、その不安を解消できるように努めます。2019年度、青葉学園(マインズ越谷校内)に発達障害を抱える高校生の高校卒業をサポートする「発達支援塾」を新設。また、放課後等デイサービス「Gripキッズ」(南越谷)開校に向けて、準備を進めております。

中学受験生・高校受験生への支援

学力低下が叫ばれ、入試制度が大きく変化してきましたが、受験生・保護者にとって学校選択は非常に重要なものになってきています。埼玉県の高校受験は特に自力で学校選択をしなければなりません。どのような学校があり、どのような教育をしているのか、受験生・保護者が、各学校の担当者から直接説明を受けることにより、進学したい学校への理解が深まり、また学習意欲の向上にもつながっていくのではないでしょうか。毎年6月に開催される「埼玉東部進学フェア」は、埼玉東部地区の皆様に、学校情報を提供できる意義のあるイベントだと自負しております。

不登校生・貧困家庭への支援

いじめ、不登校、貧困による学習不安など、さまざまな理由で苦しんでいる子どもたちのために、ゆめネットは、安心して楽しく通える空間=「自分の居場所」を提供したいと考えております。「青葉学園」はそんなゆめネットの思いを具体化した教育機関です。フリースクール、通信制高校サポート校、無料塾。自分に合った新しい環境を求めている子、一緒に目標(ゆめ)を追いかけてみませんか。青葉学園は、総合学習塾マインズ越谷校(赤山本町13-17)に併設されています。

民間教育機関への支援

学習塾を始めとする民間教育機関は、少子化の中で、生き残りをかけて戦略をめぐらせています。入試の評価指標も大きく変わろうとしています。従来の偏差値重視の教育では、学習塾のオリジナリティを出していくことができないことは自明の理。どのような教育・教材を子どもたちに提供していくか、その選定も学習塾の重要な課題ではないでしょうか。ゆめネットは、教材企業のご協力のもと、地域教育活性化のため、学習塾を対象とした「埼玉東部教材研究会」を企画・運営しています。

学童保育事業への支援

学習塾を中心とする民間教育機関が、公立学校の補講授業や学童保育事業に参入するようになってきました。学童保育も大切な教育の場。ゆめネットは、学童保育を手がける事業者に、教育支援アプリCULTEKの提供や効率的な指導システム構築のご提案を行い、地域の子どもたちの学力向上の一助となるべく努めて参りたいと考えております。事業者や自治体の皆様、小学校にも多くの導入成功事例がございますので、お声がけくだされば、いつでもご説明にうかがいます。現場の業務効率化にもお役に立てると存じます。